1f734ef4f7c8734687062d0b8d2a6c72_s

過払い金請求の注意点として、貸金業者からの甘言には注意が必要です。

 

過払い金返還請求通知書が貸金業者に届くと業者から連絡がきます。

 

そのときに「0円和解しませんか?」「50%で和解しませんか?」というような言葉をかけられることが多いです。

 

これは「裁判になると時間や費用がかかるから面倒なことにしないでこの辺りで和解しましょう」というのが貸金業者の言い分です。

 

しかしこのような和解には応じないほうが得策です。なぜならこのような和解を申し出てくるということは実際に過払い金が発生していることが多いからです。

 

 

「裁判になると面倒」という考えを植え付けて過払い金請求をなくそうとしますが、そのような不当な和解案は受けないようにしましょう。

 

 

過払い金請求は法律で定めらてた債権者の正当な権利です。5%の金利を加えることもできるのです。

 

 

ですのでそのような甘言には乗らないようにしましょう。こういったことを知らない人は「0円和解」や「50%和解」を受け入れてしまい不当な和解案を飲んでしまうことがあるのです。

 

 

ですのでこの記事を読んでいるあなたは「0円和解」や「50%和解」には乗らないように注意しましょう!

 

 

 

 

ケースバイケースで和解案に応じるのも大事

0f549c29f20cca5917583323a0d7c892_s

 

しかし、過払い金請求で裁判まで持ち込むと時間とお金と精神的な疲労もかかります。

 

 

そうなった場合、仕事の都合や金銭的なことで裁判までできない人もいるでしょう。

 

 

そんな時は前述した「金利分を請求しないから過払い金を全額返金してください」という交渉をすることができます。

 

 

裁判まで行くといろいろな面で損をすることもあります。お金時間が奪われ精神的苦痛も起ってしまいます。そんな時は貸金業者の和解案を受け入れつつ正当な過払い金を請求するようにしましょう。

 

 

こういった交渉は慣れている弁護士さんを通すとスムージーにことが運びますので面倒なことは弁護士さんに依頼するようにしましょう。

 

 

和解案がまとまれば返還金額、返還期日、返還口座の合意書をまとめることができます。あとは返還までに通常3〜4ヶ月かかるようになってきます。

 

 

過払い金請求は時間がかかるので早めに手続きをしておくことが得策ですね。

 

 

関連記事:

→街角法律相談所に相談→借金267万円が0円に

 

→債務整理には正しい流れがあります。

 

→過払い金請求は早い者勝ち?