債務整理には3種類の返し方があります。
その3つとは任意整理、民事再生、自己破産です。

 

ここではこの3つの特徴とどんな人がどの方法を用いればいいのかを解説していきます。

任意整理

任意整理とは裁判所を通さず貸金業者と直接交渉して借金を減額してもらったり返済期間を伸ばしてもらう方法です。

 

毎月一定の収入があり、自力で返せる人に向いている方法です。

 

 

民事再生

民事再生とは法律に基づいて借金の返済可能額までに減額し、裁判所の許可を受けた再生計画に基づき3年間かけて返済していくというものです。

不動産や車などを手放したくない人に向いている返済方法です。また自己破産の制限業種に該当したり、自己破産しても免責を得られる可能性がない人が対象です。

 

自己破産

自己破産とはその名の通り破産することです。借金を返せる見込みがなく返済不可能になった人が自己破産を裁判所に申請します。

 

自己破産をすると全てに借金返済の責任から免れるので再スタートを切ることができます。しかし、不動産や車などは没収され一定期間は特定に職業につけないという制限もあります。

しかし生活は一般の人と同じように生活できるので借金苦で悩んでいるのであれば素早く自己破産の手続きを行なうと精神的に楽になるかもしれません。

 

 

自分がどの債務整理をすればいいかわからないと感じる方は無料で専門家に相談できるサービスがあります。

街角法律相談所では減額シュミレーションがあるのでいまの借金を減らすこともできるかもしれません。

 

また匿名無料で借金について専門家に相談することもできます。もし借金で悩んでいたら街角法律相談所で匿名で相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

 

→街角法律相談所